CakePHP3 便利な使い方と逆引きリファレンス

TOP > 基本

基本

基本ディレクトリ構成

インストール後のディレクトリ構成を以下に記載します。

├── bin                  実行コマンド
├── config               設定ファイル
├── logs                 ログ出力場所
├── plugins              アプリケーションで使うプラグインを置く場所
├── src                  開発ディレクトリ、開発したソースを置く場所
│   ├── Console         
│   ├── Controller      コントローラ
│   │   └── Component      コンポーネント
│   ├── Model           モデル
│   │   ├── Behavior       ビヘイビア
│   │   ├── Entity         エンティティ
│   │   └── Table          テーブル
│   ├── Shell           Shellファイル群
│   ├── Template        ビューテンプレート
│   └── View
│       └── Helper          ビューヘルパー
├── tests                テスト関連ファイルの場所
│  ├── Fixture              フィクスチャーの設置場所
│  └── TestCase             テストケース設置場所
├── tmp                  テンポラリファイル置き場
├── vendor               外部ライブラリの設置場所
└── webroot              Web公開用のディレクトリ

use句で読み込めるように、クラスのnamespaceを設定する

クラスのnamespaceを設定することで、他のクラスからuse句で読み込むことができます。

クラスのnamespace設定するのは、そのクラスが置かれているディレクトリを設定します。

例えば、ディレクトリsrc/Commonにテストクラスを作成した場合は、以下のように記載します。

<?php
namespace App\Common;
class Test {
    // クラス内
}

このクラスをコントローラで読み込むには、use句を書きます。

<?php
namespace App\Controller;

use App\Common\Test;

class FrontController extends AppController
{
    // クラス内
]

作成日:2017年06月24日
更新日:2017年06月25日


スポンサーリンク



このページの上へ


👉サイトマップ


スポンサーリンク


お問い合わせ

メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪
間違いを見つけましたら、教えて欲しいです。


Copyright (C) 2019 CakePHP3 便利な使い方と逆引きリファレンス