CakePHP3 便利な使い方と逆引きリファレンス

TOP > Routing

Routing

基本的なルーティングの設定

config/routes.php に以下のように記載すると、/test でアクセスした際にTestコントローラのindexアクションにアクセスするようになります。

Router::connect('/test', 
    ['
        controller' => 'Test',
        'action' => 'index'
    ]
);

プレースホルダーを使う

プレースホルダーを使うには、:変数名 のように指定します。プレースホルダーの変数名でコントローラ側で取得できます。

Router::connect(
    '/test:testId', 
    [
        'controller' => 'Test',
        'action' => 'index'
    ]
);

パラメータに正規表現を使用する

第三引数に、プレスホルダーで使用したパラメータに対して、正規表現を使うことができます。

Router::connect(
    '/test:testId', 
    [
        'controller' => 'Test',
        'action' => 'index'
    ],
    [
        'testId' => '\d+'
    ]
);

この場合、testIdには数値のみ許可されます。

ルーティングに設定したURLを出力する

ルーティングに設定したURLを出力するには、Router::url()を使用します。このように使用するには、ルーターを設定する必要があります。

echo Router::url([
    'controller'=>'Test',
    'action'=>'index'
]);

作成日:2016年08月11日
更新日:2017年06月18日


スポンサーリンク



このページの上へ


👉サイトマップ


スポンサーリンク


お問い合わせ

メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪
間違いを見つけましたら、教えて欲しいです。


Copyright (C) 2019 CakePHP3 便利な使い方と逆引きリファレンス