CakePHP3 便利な使い方と逆引きリファレンス

TOP > Response

Response

Responseについて

Responseの役割

Content-Type、文字コード、Headerを出力する

Content-Type、文字コード、Headerを出力する例を記載しています。

$this->response->type('text/html');
$this->response->charset('UTF-8');
$this->response->header('Location', 'http://www.yahoo.co.jp/');

作成日:2016年08月22日
更新日:2017年06月18日


スポンサーリンク



このページの上へ


👉サイトマップ


スポンサーリンク


お問い合わせ

メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪
間違いを見つけましたら、教えて欲しいです。


Copyright (C) 2019 CakePHP3 便利な使い方と逆引きリファレンス