CakePHP3 便利な使い方と逆引きリファレンス

TOP > Appクラス

Appクラス

コントローラが格納されているディレクトリを確認する

Appクラスを使うために、useします。

use Cake\Core\App;

App::path()の引数にControllerを指定します。

$dir = App::path('Controller');
var_dump($dir);

// 出力
array(1) {
  [0]=>
  string(55) "/var/www/html/xxxxxxx/src/Controller/"
}

CakePHPのパッケージのディレクトリを確認する

CakePHPのパッケージのディレクトリを確認する方法です。

例として、Cache エンジンのパスを確認しています。

$dir = App::core('Cache/Engine');
var_dump($dir);

// 出力
array(1) {
  [0]=>
  string(80) "/var/www/html/xxxxxxxx/vendor/cakephp/cakephp/src/Cache/Engine/"
}

作成日:2017年06月28日
更新日:2017年06月28日


スポンサーリンク



このページの上へ


👉サイトマップ


スポンサーリンク


お問い合わせ

メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪
間違いを見つけましたら、教えて欲しいです。


Copyright (C) 2019 CakePHP3 便利な使い方と逆引きリファレンス